何故冬にカニを食べるの?蟹の旬について

何故冬にカニを食べるの?蟹の旬について

かにしゃぶ

日本ではカニは一般的に冬に食べるものというイメージがあります。
そのため、カニの旬は冬と思っている人も多いようです。
しかし、カニは冬が旬のものばかりではありません
確かに冬に獲れるカニもありますが、冬にだけカニは獲れるわけではないのです。

 

でも、カニを食べるイメージとしては、カニ鍋やカニしゃぶなど、冬に食べるのがピッタリの料理を思い浮かべます。

 

カニを代表する種類としては、タラバガニやズワイガニでしょう。
お店や通販などで主に出回っているカニは、タラバガニ、ズワイガニです。
もちろん、花咲ガニやワタリガニなどもありますが、出回っている数から見ても、
“カニの王様”などといわれてタラバガニ、ズワイガニは多くの人に楽しまれています。

 

タラバガニはカニと言っていますが、実際はヤドカリの仲間です。
大ぶりで食べ応えもありますので、カニをたっぷりと食べたいという人にはおすすめです。

 

しかし、正真正銘のカニであるズワイガニは、タラバガニと比較すると脚も細く長くて、身はそれほど多くありません。
でも、カニ本来の甘みや旨みを堪能できる本物のカニです。

 

このようなカニ本来の旨みを存分に味わうには、
茹でてそのまま楽しむとか、カニしゃぶなどシンプルに楽しむのが一番です。
茹でたてのカニやカニしゃぶは、冬に楽しむと一層おいしいですね。

 

正真正銘のカニであるズワイガニは、カニ=冬のイメージ通り、日本海側の産地では冬が獲れる時期です。
北海道はもう少し遅く、冬から春にかけての時期になります。
そのため、新鮮なズワイガニを味わうなら、冬に獲れたばかりのものをカニしゃぶや、
シンプルに茹でただけで楽しむとおいしいでしょう。

 

タラバガニはロシア産などの外国産も多いので、日本の冬にも当然入りますが、
北海道沿岸やオホーツク海などで獲れるタラバガニは旬は春になります。
また、毛ガニはいろいろな産地で一年中どこかで獲れます。
カニは冬というイメージには、まったく合っていません。

 

とは言っても、カニは高価な高級食材なので、年末年始に家族で集まったり、
お祝い事などもある冬は、カニを食べる時期としても良いときです。
みんなで楽しく集まる席には、食材としてもカニはピッタリですから、
冬のイメージが定着したのかもしれませんね!


このページの先頭へ戻る