かにの種類ってどのくらいあるの?美味しい蟹の特徴について

かにの種類ってどのくらいあるの?美味しい蟹の特徴について

みなさん、かには好きですか?
寒い季節になると、かにしゃぶ・かにすき・茹でたかになど様々な方法で頂くかにに舌鼓を打つ方も多いと思います。

 

かにはお値段も高く、高級食材として取り扱われます。
さて、今回はそんなかにについてお話したいと思います。

 

かにの種類はどのくらい?

みなさん、かにの種類というとどんな答えが思い浮かびますか?
タラバガニ・毛がに・ズワイガニ・花咲ガニ・松葉ガニ・上海ガニなど、レストランなどで見かける名前はご存知かと思います。

 

実は、かには全世界てみると約5,000種類・日本だけでも約1,000種類のかにが分布していると言われているそうです。
その中でも食べられるかにというのは極わずかで、仮に食べられたとしても美味しいと感じられるレベルに達していないかにがほとんどと言えます。

 

かには、脚の本数や歩行方法によってカニ類とヤドカリ類に分類されます。
ズワイガニ・毛がになどはカニ類に、タラバガニ・花咲ガニなどはヤドカリ類に属します。

 

食べられる美味しいかに

  • タラバガニ
  • ズワイガニ
  • 毛がに
  • 松葉ガニ
  • 越前ガニ
  • 花咲ガニ
  • ワタリガニ
  • マットクラブ
  • イチョウガニ
  • 上海ガニ
  • アブラガニ
  • クリガニ

 

これらのかには美味しく頂くことが出来るかにです。
中には希少性が高く高値で取引されるかにや、地元でしか消費されない珍しいかにもあります。

 

美味しいかにの特徴

美味しいカニの特徴は、持ってみた時にずっしりとした重みを感じられるもの・甲羅が硬くしっかりしているもの・色ツヤが良いものなどです。
せっかくならば、より美味しいかにを食べたいと思いますので選ぶ際にこの点に注意してみてください。

 

かにを食べる時の注意ポイント

かには鮮度が命ですので、生のかにを購入した際にはすぐに調理をして食べましょう。
もし残ってしまうのであれば、ボイルしてから冷凍保存するなどの工夫が必要です。

 

また冷凍されたかにを購入した場合には、食べる分だけを解凍しましょう。
一番おいしい方法は冷蔵庫に入れてゆっくりと解凍していく方法ですが、流水での解凍も可能です。

 

その際にはビニール袋にかにを入れて、旨みが逃げないようにして下さい。
急いでいるからと言って、急速に解凍すると旨みが逃げて風味が劣りますので気をつけましょう。

 

様々なかにを食べ比べて、自分好みのかにを見つけるのも面白いと思います。
かに好きな方は是非挑戦してみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る