カニを長く保存したい!品質を落とさず美味しいまま保存する方法

カニを長く保存したい!品質を落とさず美味しいまま保存する方法

大量のかに

カニはできるなら早く食べ切るのが一番おいしくいただけます。
しかし、一度にたくさんのカニが送られてきたとか、たくさんまとめて購入したときなどは保存する必要があります。

 

カニの保存は、どのようにするかによってカニの状態が変わってしまいます。
できるだけカニの風味を維持するように保存しなければなりません。
正しくカニを保存することで、時間が経ってもおいしく食べることができます。

 

カニの保存方法は、購入したカニのタイプ、状態によって変わります。

 

生のカニ、活カニの保存方法

生のカニ、活カニをお店で購入したようなときは、すぐに食べてしまうのが一番良い方法ですが、
どうしても食べきれないので保存する場合は、購入したらすぐにボイルをしてラップに包んで密封して保存します。
そのまま冷凍保存をすれば、2週間程度は保存できます。

 

中には、活カニの状態で保存したいという人もいるかもしれませんが、
その場合は塩水に浸した新聞紙などに包んで、カニの内部の水分が失われるのを防いだ状態にして冷凍保存します。

 

活カニの場合は、どちらにしてもできるだけ早く食べるのがおすすめです。
冷凍だから大丈夫と思って安心せずに、早く食べるようにしましょう。

 

冷凍のカニの保存方法

通販などで冷凍のカニを購入した場合は、冷凍で届きますからそのまま家庭の冷蔵庫で冷凍保存すれば大丈夫です。
業者によっては、1ヶ月程度保存することが可能といわれていることもありますが、
業者では業務用の冷凍庫を使っているので可能かもしれませんが、
家庭用の冷蔵庫はそんな冷凍技術があるわけではありません。
長く保存することで、品質はどんどんと低下しますので、できるだけ早く食べるようにした方がよいでしょう。

 

冷凍カニを保存するときに注意したいこととして、一度解凍したものを再冷凍することは避けるようにします。
再冷凍は品質を落としますので絶対にやめましょう。

 

そして、ボイルした後で冷凍しているカニですが、これは調理されて保存されているカニですから、
そのまま冷凍保存して使いたい分だけ取り出して使います。
しっかりとラップ保存ができていれば、保存可能期間は十分に持ちます。


このページの先頭へ戻る