カニはやっぱり北海道!北海道産のかにが美味しい理由とは?

カニはやっぱり北海道!北海道産のかにが美味しい理由とは?

北海道のかに

みなさん、カニばどのような土地でとれるイメージを抱いてらっしゃいますか?
カニの産地として思い浮かべるのは、やはり北海道が一番多いはずです。

 

カニは、水温の冷たい場所で獲れたものが品質が良いといわれています。
ということは、国産のカニの中では、北海道のカニが最も品質が良いことになりますね。

 

北海道のカニは、日本では最も北の海域で獲れたものになります。
水の冷たい北の海にいたカニは、日本の他の地域で獲れたものと比較すると、
身の引き締まり方、旨みの濃度がまったく違います。
ひと味もふた味も違った深みのあるおいしさを楽しめます。

 

北海道のカニは、北の海の豊富なプランクトンや海藻に恵まれた環境で育ちますので、旨みが凝縮されています。
冷たい海の中で年月を経て育ったカニは、国産のカニの中では最もおいしいかにといえるでしょう。

 

極寒の海で育ったかには、身がしっかりと引き締まって、とろけそうなほどの甘み・濃厚な旨みに包まれていますので、非常に人気があります。
北海道のカニなら、食べ慣れたかに通の人でも満足できるでしょう。

 

北海道はいろいろな蟹の漁獲地ですが、カニの種類によって漁獲期は異なりますので、おいしいカニを楽しみたい方はぜひチェックしてみて下さいです。

 

たらば・ずわい・毛ガニ…蟹の漁獲期ってそれぞれどう違うの?

タラバガニ

タラバガニの漁獲期は、主に9月〜10月、2月〜4月ごろです。
タラバガニはタラが取れる漁場に生息していて、北海道では知床半島の沖合い、オホーツク海あたりで獲れます。

 

ズワイガニ

ズワイガニの漁獲期は、主に5月〜6月、9月〜10月ごろですね。
北海道では、オホーツク海沿岸から沖合いあたりで獲れます。
ズワイガニは松葉ガニなどと、本州へ運ばれて各地の地名に変わって販売されていることもあります。

 

毛ガニ

毛ガニの漁獲期は、4月〜6月、7月〜10月、11月〜3月ごろです。
北海道東海域根室港沖合い、釧路、広尾港あたりが漁場です。

 

花咲ガニ

花咲ガニの漁獲期は、主に6月末頃?9月ごろとなっています。
北海道根室半島の中央、花咲港界隈で多く獲れます。
花咲蟹は上記の地名からその名前が付いたといわれています。


このページの先頭へ戻る