実は国内産より外国産の方が美味しい?その理由と蟹の特性について

実は国内産より外国産の方が美味しい?その理由と蟹の特性について

日本で販売されているカニの中には、外国産のカニも含まれています。
通販で販売されているカニにも、外国で獲れたものは多くあります。

 

外国産のカニであっても、国内産のものと同じように普通に販売されています。
そのため、注意深く産地がどこかをチェックしていないと、国産と思って購入したのに外国産だったということもあるようです。

 

日本人から見ると、多くの食品がそうであるように、
一般的に外国産より国産のものの方が品質が高く安全だと思うでしょう。
しかし、カニについてはそうとも言えないようです。

 

それは、カニは水温が低い場所で育ったものの方が品質が高くなるからです。
どうして水温が低い方がよいかというと、水が冷たいと身が引き締まって、身の甘さが増してくるのです。

 

このカニの特性によって、日本より北の水の冷たい寒い地域の方が、カニはおいしくなるという特徴を持っています。

 

外国産のカニとしては、ロシア産などもよく見かけるようになりましたが、
ロシアは日本よりはるかに北にあり海の水温も低いので、ロシア産のカニは身の入りもよく、濃厚な味を楽しめます。

 

さらに、日本人にとって嬉しいことは、外国産のカニは値段も安いという特徴があります。
牛肉などでも同じですが、国産のものは価格も高く、気軽に購入できないようなものがあります。
カニも牛肉と同じように価格は高く、食べるのは何か特別なお祝いの時などに限られますよね。

 

外国産のカニの場合は、国産と比較するとお手頃な値段で販売されていますので、
それほど値段を気にすることなく食べることができます。

 

とは言っても、国産と外国産で違いがないのは、タラバガニです。
タラバガニは丈夫なので、外国から輸入しても問題が起こりにくいことからもおすすめです。

 

しかし、ズワイガニは国産と外国産では品質がかなり違ってきます。
ズワイガニは鮮度の劣化が激しいので、味にも影響します。よって、国産の方がおいしいのです。

 

外国産のカニを食べるときは、タラバガニを選ぶといいですね。


このページの先頭へ戻る